引っ越しのときの子供の転校手続きについて

引っ越しのときの子供の転校手続きについて

子供が転校するときは、学校が公立か私立か、あるいは、小中学校か高校かで、転校の手続きが違ってきます。

 

大きく分けると次の3つのケースがあります。
1.公立の小中学校への転校
2.公立の高校への転校
3.私立の中学、高校への転校

 

まず、公立の小中学校への転校では、
一般的に下図のように転居、転入、転出でそれぞれ手続きが多少違ってきます。

 

 

引っ越しをすることになった時に
こどもが通う学校が変わる場合は転校することになります。

 

転校することになりますと、
これは転校手続きをしなければなりません。

 

まず、小学校や中学校の場合は公立でも私立でも
基本的には今通っている学校で
しっかりとやり方を聞いておくのが一番早いです。

 

簡単に説明しておくと、転校の手続きは教育委員会で行います。

 

いくつかの書類のやりとりがありますが、
これは通っている学校の担任、
あるいは校長に問い合わせると指示を仰げます。

 

引っ越しをする時は今と同じ市内へ引っ越しするというケースもありますが、
他の地域へ引っ越しする場合とは少し手続きに違いがあります。

 

しかし、これもあまり難しく考える必要はなく、
やはり通っている学校でやり方を聞くのが間違いないです。

 

高校や大学も同様ですが、
一般的には高校からは例えば家族で引っ越しをすることになっても
進学として頑張って試験に合格した高校や大学を
それほどあっさりと退学するケースは少ないです。

 

新しい新居からそのまま遠距離になっても
こどもは今までの学校へ通学するというケースが高校や大学では多いです。

 

転校手続き自体は学校でしっかりとやり方を教えてもらうことが
出来るので誰でも簡単に出来ますが、

 

もしあと1年待てば子供が卒業という感じなら、
それは引っ越しをするタイミングを考慮してあげることも大切です。

 

学校が変わるというのは本人にとっては友達もすべて新しくなるので、
色々と想うところがあるものです。

たった30分ほどで日程や業者がすべて決まる

suumo引っ越しは、営業電話がなく、しかも他のサイトに比べて入力項目が少ない。

 

自分が気になる引越し業者だけを選んで、見積もりを依頼できます。

 

わずらわしい勧誘もなく安心して利用できます^^

 

1分くらいで終わります。

 

 

電話番号入力不要。【SUUMO】引越し見積もり