引っ越しの当日にすることをチェック

引っ越しの当日にすることをチェック

引っ越し当日の1日の流れは把握しておきましょう。

 

まず、引っ越しは朝一番からトラックへ荷物を積むことになります。

 

これは業者を利用するパターンですが、指定している時間にしっかりとスタッフが来てくれるので、荷物を詰め込んで新居へ向かいます。

 

この時に賃貸の場合は大家さんへ挨拶をする、隣人へ挨拶をするなど、ちょっとしたやるべきことがある場合はしっかりとやっておくようにしましょう。

 

こうして新居へ向かって到着すると、いよいよ新しい生活が始まります。

 

業者を利用している場合は新居へ荷物を運んでもらうことが出来るので、新居内であれこれ指示を出しながら荷物を整理していきます。

 

業者に開封を依頼していない限りは新居に荷物が到着して搬入が完了するとそこで業者の仕事は終わりです。

 

そこからは自分で荷物を整理していくことになります。ここからが結構大変です。梱包をする時よりもどちらかというと、引っ越しの当日に新居へ到着して荷物を整理する方が時間が掛かります。

 

大体一通りの生活出来る状態になるまで2日や3日ほど時間が掛かることもあるので、仕事が休みの日を狙って引っ越しの段取りを組むことが一般的です。

 

当日に新居へ到着したら、その日の間に周辺の方へ挨拶へいく必要はありません。

 

落ち着いて一段落してからでも良いです。

 

新居で荷解きをするとダンボールなどのゴミが大量に出るので、それを処分する方法を考えておくとかなりスムーズに生活できます。

 

引っ越しの当日にすることをチェック記事一覧

直前の準備や荷物の梱包もすべて終わり、いよいよ引っ越しの当日を迎えると、今度はチップを渡すべきかどうかが気になります。こ...

賃貸から引っ越しをする時の明け渡しと鍵の返却の流れはそれほど悩む必要はありません。まず、引っ越しをすることになった時は新...