1〜12月で引っ越し料金が高くなる月と安くなる月を解説します

1〜12月で引っ越し料金が高くなる月と安くなる月を解説します

 

引っ越し料金が高くなる月と安くなる月があります。

 

ここではどの月が引っ越し代が高くなり、また安くなるのか解説します。


 

引っ越し料金には定額がなく、荷物の量や距離、時期などによって大きく変動します。

 

まず、『安い時期』とは閑散期と呼ばれる時期で、1月、5月〜7月、11月、12月の6つの月になります。

 

これらの時期は引っ越しをされる方が少ないため、需要が低く料金が安くなりやすいといわれています。

 

一方で『高い時期』は繁忙期といって、引っ越し業者がもっとも忙しくなる時期です。

 

そのため料金は閑散期に比べると非常に高くなりやすく、その差は3〜4万円といわれています。

 

月は、3月、4月、8月、9月。

 

なんとなくこれらの月が高い理由が分かるでしょう。

 

3月・4月は進学や新社会人になる方が増えるため、どうしても引っ越しが重なります。

 

8月は夏休み、9月は転勤の時期になるため他の月に比べると料金は割高になりやすいといわれています。

 

2月・10月は、安い場合もあれば高い場合もありますが、比較的料金は穏やかといえます。

 

ただ選ぶ日を間違えると割高になりますので注意してください。

 

時期で選ぶ引っ越しの狙い目は、月のはじめから中旬頃まで。

 

引っ越し業者の依頼が一気に減るため、引っ越し料金も安定しています。他にも、平日・午後便またはフリー便を利用する、など工夫してみてください。

 

 

「繁閑指数」というものがある


引っ越し料金が高くなるかどうかの目安として「繁閑指数」というものがあり、

 

1年を通して忙しい月や暇な月がわかります。

 

この指数は毎年、前年のデータをもとに算出し、6〜7月の第2週、9〜12月の第2週を「100」とした数値で計算します。

 

たとえば荷物やトラック、距離、作業員数が同条件だとして繁閑指数「100」の日に、10万円の引越があるとします。

 

繁閑指数30の暇な月だとおそよ6万円、

 

繁閑指数1150の繁忙期には3〜4倍割り増しされ、30〜40万くらいまで跳ね上がります。

 

下記の表に?閑指数をまとめました。

 

結論から言いますと

 

最安値は1月〜2月
最高値は3月20日〜4月5日
になります。

 

繁閑指数
1月 30
2月 35
3月1日〜19日

3月20日〜4月5日

350

1150

4月6日〜4月第3週

4月第4週〜5月第2週

350

450

5月第3週〜5月末 200
6月〜7月第2週 100
7月第3週〜7月末 300
8月第1週〜8月第3週 200
8月第4週 300
9月〜12月第3週 100
12月第4週 350

 

オフシーズン:1月2月
ハイシーズン:3月下旬 8月下旬 12月下旬
そのほかはレギューラーシーズン

 

と分けることができます。

 

このページではさらに具体的に各月のいつが忙しいのかについても説明していきます。

 

1月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

1月はもっとも予約の空きがある月で、料金も安いのが特徴です。

 

なぜ1月は予約しやすく料金が安いのかというと、1月が『閑散期』に当たるためです。

 

閑散期は、1月以外にも2月・6月・11月・12月も当てはまりますが、なかでももっとも閑散期に当たるのが1月なのです。

 

 

1月は引っ越し料金も閑散期の中で一番安くなります。


 

そのため、もっとも料金が高くなりやすい3月と比べると、75,000円に対し50,000円と非常に安く設定されています。

 

もちろん引っ越し業者や配送区間などによって多少の変動はありますが、繁忙期に比べると非常にお得に引っ越しができるというわけです。

1月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

結論からいいますと、

 

第1週は元旦〜7日まで

 

第2週は8日・9日・13日・14日

 

第3週は15日・20日・21日

 

第4週は22日・27日・28日

 

第5週は29日〜31日

 

正月や週末にかけて高くなる傾向にあります。

 

もし1月に引っ越しを検討している方は、料金が割高になる日は避けて予約しましょう。

 

とはいえ、他の月に比べると料金が安い日が多く、さらに作業員の質が良いというメリットがあります。

 

それは、人手不足になりやすい繁忙期に比べ社員や契約社員でチーム構成されやすいからです。

 

繁忙期はアルバイトが大量動員されるため、どうしても引っ越し作業の初心者が目立ちます。

 

しかし1月は経験のある社員や契約社員が対応してくれるので、引っ越しの質はグンとアップします。

2月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

2月は閑散期に当たり、引っ越しの料金が安くなりやすいといわれています。

 

しかし、閑散期だからといって油断は禁物。甘く見ていると、うっかり高い料金を支払うことになってしまいます。

 

では、2月のどの日がもっともお得に引っ越しができるのでしょうか?

 

それはズバリ、”2月上旬の平日”です。

 

閑散期である2月は、引っ越し業者も顧客獲得に必死です。

 

そのため、比較的安い料金で引っ越ししやすいといわれています。

 

もともと平日のほうが割安になりやすいといわれていますが、閑散期を狙えばさらにお得に引っ越しができるというわけです。

 

ただどんなに閑散期といわれている2月でも、中旬以降になると流れが変わってきます。

 

なかには料金が高くなる引っ越し業者もあるでしょう。

 

 

特に2月の最終週は繁忙期に突入しやすいので注意が必要です。


 

また、2月上旬は社員や契約社員でチーム構成されることが多いですが、中旬以降はアルバイトが増えます。

 

これは大学に進学する高校生や就職する社会人の学生の予約が増えるからです。

 

そのため、一気に引っ越し件数が増え、社員や契約社員だけでは稼働できなくなってしまいます。

2月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

料金が安くスタッフの質が良い時期を選びたいのであれば、断然2月上旬・平日がオススメです。

 

ただ2月上旬でも、1日・3日・4日、26日以降は割高になりやすいので注意してください。

 

しっかり計画を立てて、なるべく料金が安くなる日を選びましょう。

3月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

1年のなかでもっとも引っ越し料金が高くなるといわれている3月。

 

いわゆる繁忙期と呼ばれる時期ですが、できることなら3月は避けて引っ越しをしたいという方が多いでしょう。

 

それでも、『どうしても3月しか予約を入れられない』という方は、

 

少しでも安く引っ越しができる方法を学んでおく必要があります。

 

 

3月はぼったくり業者も増えますから、十分注意して依頼しましょう。


 

まず、繁忙期でも引っ越し料金を安くすることはできるのか?ということですが、可能です。

 

さまざまな方法がありますが、引っ越しの荷造りは自分で行うこと、ダンボールは自分で調達することなどが挙げられます。

 

荷造りは有料サービスになるため、少しでも安く引っ越しをしたい方は自分で梱包するとお得になるでしょう。

 

ダンボールは引っ越し業者から無料で提供してもらえますが、数が決まっているため、万が一足らない場合追加することができません。

 

なかには使用済みのダンボールを無料で提供してくれる引っ越し業者もありますが、

 

そうでない場合はドラッグストアやショッピングセンターなどから調達すると良いでしょう。

 

複数の業者から見積もりを出してもらい、もっとも料金が安いところを選ぶのもひとつの手です。

 

事前に自分で引っ越しの料金を計算し、コストダウンできる方法を見つけるのも良いでしょう。

 

料金は、『基本運賃』『割増料金』『実費』『オプション』の4つから計算できます。

3月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

ちなみに、さらに料金が高くなる日もあります。

 

金・土・日の週末や祝日です。

 

最終週は月末まで割高になりやすいので気をつけましょう。

4月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

4月も引っ越し業者は繁忙期になります。

 

引っ越しのピークは4月上旬くらいですが、急な引っ越しや時間的に余裕がない方が多いため、

 

ピークを過ぎても料金が高く融通が利きにくくなることが多いといわれています。

 

 

『4月に入ってから引っ越しの予約を入れたらいいや』と呑気に考えていたら危険です。


4月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

まず、4月でもっとも引っ越し料金が高い日は、第1週になります。

 

1日・2日は3月の繁忙期がまだまだ落ち着いていない状態ですので、ほとんどの引っ越し業者は割高になってしまいます。

 

第2週も3日・4日は安くなることは少ないでしょう。

 

ですから、少しでも安く引っ越しをしたいのであれば、4月中旬以降がオススメです。

 

もちろん、中旬を過ぎたからといって油断はできません。

 

先にも述べたように3月の繁忙期が継続していますから、料金が安くなる日を選んでしっかり計画を立てて予約をする必要があります。

 

ただ安さを重視している業者は、トラブルが多い可能性が高いので注意が必要です。

 

繁忙期になるべく安い価格で引っ越しをしたい気持ちも分かりますが、4月を選んでしまった以上、料金だけで判断するのは危険。

 

極端に割安にすることはできませんが、なるべく中旬以降を選び、荷物を減らし、きちんと見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

複数社の見積もりを出すことで、どこが一番安い料金で引っ越しの手続きをしてくれるかが分かります。

 

一人暮らしや単身赴任なら、各業者の単身パックを利用するのもオススメです。

5月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

繁忙期を過ぎた5月の引っ越し料金は3月・4月に比べると、料金は安くなりやすいといわれています。

 

ただ閑散期というわけではありませんので、飛び抜けて料金が安くなる時期ではありません。

 

閑散期でもっとも料金が安くなるといわれている1月に比べると、5月の相場料金は1.2倍。

 

なぜ、繁忙期を過ぎているのにあまり料金が安くならないのかというと、5月にはゴールデンウィークが待っているからです。

 

大型連休を狙って引っ越しを考えている方は少なくありません。

 

そのため、5月は”プチ繁忙期”といわれており、引っ越し料金は割高になりやすいのです。

 

 

『3月・4月を過ぎたから引っ越し料金は安くなるだろう』と思っていたら大間違いです。


 

ですから、5月に引っ越しを考えている方は、なるべくゴールデンウィークは避けたほうが良いでしょう。

 

大型連休に引っ越しの片づけをしたいという方も多いと思いますが、料金のことを考えるとゴールデンウィークを過ぎてからがオススメです。

 

料金が安くなるだけでなく、引っ越しの予約も入れやすくなるでしょう。狙い目は、2週目の9日以降です。

5月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

ゴールデンウィークが終わった直後は予約が殺到しやすいので、余裕を持って引っ越しをするなら3週目以降が良いでしょう。

 

特に仏滅は予約の空きが多いのでオススメです。料金も安くなりやすいので、安く引っ越しをしたい方にはもってこいですね。

 

どうしても料金が割高になる日に引っ越しをしなければいけない方は、なるべく荷物を減らし、複数社の見積もりを出してもらうことをオススメします。

6月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

3月〜5月までの繁忙期を過ぎ、やっと落ち着いてくるのが6月です。

 

6月はもっとも引っ越し料金が安くなりやすく、忙しさも落ち着く閑散期といわれています。

 

 

この月は梅雨で天候が不安定、引っ越しには不向きだからです。


 

誰だって、天気が良い日に引っ越しをしたいと思うでしょう。

 

そのため、6月は引っ越しの予約が少なく料金が安くなりやすいのです。

 

少しでも安く引っ越しをしたいのであれば、断然オススメの月といえるでしょう。

 

ただ、引っ越し料金が安くなるからといって油断は禁物です。

 

何も考えずに引っ越し業者を選んでしまうと、トラブルに巻き込まれてしまう場合があります。

 

『他の業者を選べば良かった』なんてことにならないように、6月の引っ越しの知識を学んでおきましょう。

 

まず、6月は繁忙期に比べると2〜3割程安くなるといわれています。

 

一人暮らしの引っ越しなら、3万円→2万円になるのは当たり前。

 

もちろん引っ越し業者によって料金設定は異なりますし、引っ越しの距離や荷物の量によっても変動します。

 

それでも、比較的どの日を選んでも料金が割高になることは少ないでしょう。

6月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

6月でも、週末は割高になりやすいので注意してください。

 

お得に引っ越しをするなら、平日を狙うのがポイントです。

 

ちなみに、金曜や月末も料金が高くなりやすいので注意してください。

 

少しでも安く引っ越しをしたいと考えている方は、複数社から見積もりを出してもらい、比較するのもオススメです。

7月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

繁忙期を過ぎた7月は、引っ越しの料金は安いのでは?と思う方が多いでしょう。

 

確かに3月や4月に比べると安くなりやすいですが、実際は安い時期と高い時期があるといわれています。

 

 

7月に引っ越しを検討している方は、タイミングが大きなポイントになるでしょう。


 

まず、料金が比較的安い時期は、7月上旬〜中旬です。

 

まだ夏休みに突入していませんし、料金が割高になることは週末や祝日以外はほとんどありません。

 

むしろ引っ越し業者はヒマを持て余している時期ですから、引っ越しをするなら上旬〜中旬がベストでしょう。

 

しかし、7月も後半になると注意が必要です。

 

一気に引っ越しの予約が増え、業者も忙しくなります。そのため、料金も明らかに割高になるでしょう。

 

社会人になると夏休みなんてありませんから、うっかり忙しい時期に予約を入れてしまう方も少なくありません。

 

少しでもお得に引っ越しをしたいのであれば、7月上旬〜中旬までに済ませておくようにしましょう。

7月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

第5週・6週になると、引っ越し業者は繁忙期に突入しますので、余程のことがない限り早めの予約をオススメします。

 

7月は気温も高く、引っ越しの準備も大変です。

 

カンカン照りの中、荷物出したり整理したり片づけたりするのは熱中症の危険性も高いでしょう。

 

引っ越しの際にエアコンの取り外し・取り付け工事を行う方も多いものですが、エアコンが使えなくなってしまうのでこまめに水分補給するようにしましょう。

8月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

8月は引っ越しの料金が高くなりやすく、引っ越し業者も繁忙期に入ります。

 

3月・4月に比べると忙しさはマシですが、それでも料金が高くなるのは『夏休み』だからです。

 

7月下旬から8月にかけて、引っ越しをされる方は少なくありません。

 

 

ただ8月といっても1カ月すべて料金が高いというわけではなく、特に20日以降が高くなりやすいといわれています。


 

そんな8月でもっとも料金が安くなる日はズバリ、”お盆”です。

 

お盆はご先祖さまが帰ってくる期間。そのため、引っ越しを避ける方が多いといわれています。

 

こんな日に、わざわざ引っ越しをする必要がないと考える方が多いからでしょう。

 

しかし近年は、お盆を気にせず引っ越しをする若い方が増えているといいます。

 

お盆だから引っ越しをしてはいけないという決まりはありませんので、少しでも安く引っ越しをしたいというのであれば、8月中はお盆がオススメです。

 

どうしてもお盆以外に引っ越しをしたいという方は、平日は比較的料金が安いでしょう。

8月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

金曜〜日曜の週末は8月に関係なく料金が割高になっているので避けたほうが安心です。

 

また1日〜19日は安くなりやすいといわれています。8月最終週は先にも述べたように高くなりやすいので気をつけてください。

 

引っ越しの料金を抑える方法は他にもあります。

 

複数社から見積もりを出してもらうのもひとつの手段ですが、荷物を減らす・近距離の場合はある程度自分で運ぶなどの方法もオススメです。

9月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

9月は、比較的引っ越しの料金が高くなりやすいといわれています。

 

その理由は、『転勤』が関係しています。

 

 

就職や進学などで引っ越しが増える3月・4月に比べると、料金が安くなるイメージがありますが、その考えはまったくの間違いです。


 

9月になると各企業が下半期に向けて体制を新しくする準備に入ります。

 

そのため、転勤によって引っ越しされる方が増えます。

 

9月末にかけて転勤による引っ越しがピークになりますから、この時期の引っ越しは余程のことがない限り避けたほうが良いでしょう。

 

シルバーウィークがあれば、なおさら9月の引っ越しはオススメしません。

 

9月末にかけてどんどん引っ越しの料金は上昇しますから、引っ越しを検討中の方はしっかり計画を立てて行ってください。

 

とはいえ、すべての人が高いまま契約しなければいけないというわけではありません。

 

引っ越しの料金は、工夫次第で安くすることができます。

 

各業者でさまざまなパックを用意していますから、それを利用するのも良いでしょう。

 

また、この時期は大手引っ越し業者を利用される方が増加します。

 

少しでも安く抑えたい!という方は、できるだけ中小企業の引っ越し業者を選ぶようにしてください。

9月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

ちなみに、9月の引っ越しで特に割高になりやすい日は、金・土・日・祝です。

 

第4週からはほぼ毎日のように忙しくなり、料金もグンとアップします。

 

どうしても9月に引っ越しをしなければいけないという方は、なるべく平日を狙うようにしましょう。

10月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

10月は閑散期になります。

 

引っ越しの件数も少なく、業者も余裕があるため、価格交渉しやすいといわれています。

 

ただあくまで繁忙期よりも引っ越し件数が少ないというだけですので、場合によっては予約が取れない日もあるでしょう。

 

また距離や荷物の量によっては閑散期の10月でも割高になりますので注意してください。

 

ちなみに、前月は転勤引っ越しが多く引っ越し業者にとって繁忙期になりますが、

 

10月も人事異動による転勤引っ越しはあり、また秋休みを利用して引っ越しする家族も少なくないですから、

 

突然の引っ越しはなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

 

余裕を持って引っ越しをすることで、心して準備・片づけをすることができます。


 

もっとも料金が安くなりやすい日は、10月中旬頃です。

 

9月後半から10月にかけては比較的割高になりますので注意が必要です。

 

とはいえ、3月や4月のようなことはありませんので安心してください。

 

引っ越し料金は5月が平均相場といわれていますが、5月に比べると10月は約1万円程度相場料金が安くなるといわれています。

10月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

逆に割高になりやすい日は、断然週末になります。

 

また20日以降も、他の月と同じで高くなりますので注意しましょう。

 

引っ越し料金には定額がありませんから、なかには高く見積もるところもあります。

 

そんな業者に当たってしまわないように、複数社に見積もりを出してもらい、比較しながらぴったりの引っ越し業者を選びましょう。

11月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

11月は引っ越し料金が安いため、非常に引っ越しに適しているといいます。

 

しかし、料金が安いからといって油断は禁物です。

 

安易な気持ちで引っ越し業者を決めてしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

 

そもそもなぜ11月は引っ越し料金が安くなるのかというと、”オフシーズン”だからです。

 

そのため、引っ越し業者は料金を安くして利用者を増やそうとします。

 

結果、11月は他の月に比べると相場料金が低くなっているのでしょう。

 

実際、繁忙期である3月と比較してみると、荷物が少ない場合の単身引っ越しは、11月約39,000円・3月約50,000円。

 

 

荷物が多い単身引っ越しは、11月約50,000円・3月約66,000円となっています。


 

同じ単身引っ越しでも、荷物が多い場合と少ない場合とでは約1万円も差額があることが分かります。

 

家族の場合も、2人・3人・4人では料金が異なりますし、当然繁忙期の3月と比べると11月の相場料金は一気に下がります。

 

ただあくまで繁忙期と比べると安いというだけで、必ずしもすべての人が低値で引っ越しができるわけではありません。

 

相場より高い料金を支払うケースもありますので、十分注意して引っ越し業者を選びましょう。

11月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

11月でもっとも料金が高くなる日は、金・土・日の週末です。祝日も料金は値上がりしやすいでしょう。

 

最終週も高くなりやすいので注意してください。オススメは、月のはじめ〜中旬です。

 

引っ越し業者の依頼が急激に減りますので、狙い目になります。

12月は他の月と比べて引っ越し料金は安い?

12月は師走といわれ、1年でもっとも忙しくなる時期です。

 

そのため、12月中に引っ越しをして新年を迎えたいという方が多いといわれています。

 

引っ越しの繁忙期である3月や4月に比べると料金は安くなりますが、やはり日によっては高くなることもありますので、十分計画を立ててから引っ越しをしましょう。

 

 

引っ越しの予約は余裕をもって行いましょう。年末年始は業者も休みのところが多いですから、初旬〜中旬までに予約をするのがポイントです。


 

料金を安くするには、

 

1.平日を狙う
2.午後便またはフリー便を選ぶ
3.大安を選ばない

 

などが挙げられます。

 

閑散期とはいえ、これらを無視して予約をしてしまうと思っているより料金が高くなってしまう恐れがあります。

 

もともと、引っ越しは土日祝よりも平日のほうが料金は安くなるといわれています。

 

理由は、週末は引っ越しの需要が高いからで、土曜に引っ越しをし、日曜に片づけて月曜日を迎えたいという方が多いため、どうしても土日祝の利用者が増えてしまいます。

 

ですから、少しでも安い料金で引っ越しをするなら、断然平日がオススメです。

 

時間帯も、午前中は利用者が多いため料金が高く設定されていますし、縁起の良い日もやはり利用者が増えるため料金は高くなりやすいでしょう。

12月で引っ越し料金が高くなる日はいつ?

12月で料金が割高になりやすい日は、先にも述べたように土日祝です。

 

金曜も割高になりやすいので気をつけてください。

 

また年末にかけて引っ越しの需要が高くなるため、やはり料金は割高になりやすいでしょう。