二重家賃を回避する方法について

二重家賃を回避する方法について

引っ越しをする時は今住んでいる住居の家賃と新居の家賃が
重複する期間が発生することがあります。

 

これは人によってはどうしても一か月分ほどの二重家賃が発生することがあるので、
極力その出費が出ないようにしっかりと回避方法を知っておきましょう。

 

まず、新居が決まると契約書を確認して前家賃があるかどうか、
そしていつから支払いが開始されるのかを調べておくことが大事です。

 

次に今住んでいる住居の契約を終了する必要がありますが、
これもしっかりと契約内容を見る、
あるいは大家さんへ相談をするようにしましょう。

 

基本的に二重家賃が発生するケースはこの契約が重要です。
要するに重複して契約しなければ良いわけです。

 

もし、どうしても引っ越しの予定がうまく組めなくて重複してしまうなら、
実家が近い人は実家で数日を過ごす、
あるいは安いホテルで数日を過ごすのも一つの方法です。

 

賃貸は5万や10万と、一か月の家賃が結構高いです。

 

二重家賃が発生してしまう場合はたった数日のために
一か月分の家賃を支払うというケースもあるので、

 

それを回避するために引っ越しが完了するまで
生活出来るところを別で確保する方が結果的には安くなることがあります。

 

二重家賃を出さない為には新居の契約と今住んでいる
住居の契約をスムーズに進めることが大事であり、

 

新居の支払い開始に関して記載を良く見ること、
退居に関して最後の支払いを確認しておくことが
とても重要なので覚えておきましょう。