自分で引っ越しするメリットデメリットについて

自分で引っ越しするメリットデメリットについて

自分で引っ越しをするメリットはやはり費用が安いことです。

 

一般的には自分で引っ越しをする時は車を持っているならそれを使って荷物を運びます。

 

さすがに家具など大きな物を運ぶことは難しいので、
そうした物は処分をして買い換えることが多いです。

 

引っ越す時は家具などを新しい物に買い換える良い機会でもあるので、
大半の家具を処分して手で運べる荷物だけの場合は
一人で引っ越しをして費用を抑えることが多いです。

 

車を持っていない場合は友達に手伝ってもらう、
レンタカーを借りるという方法が一般的です。

 

逆にデメリットになることは家具などをすべて持ち運ぶ場合にあまり無理をすると壊れてしまったり、
運ぶ時に怪我をしてしまうことがあることです。

 

それなら最初から業者を利用しておけば良かったということになるので、
こうした事はデメリットです。

 

ポイントになることはやはり荷物の量です。

 

特に大型の荷物があるかどうかが業者を
利用するかどうかの判断基準になってきます。

 

大型の荷物が無い場合は少し無理をしても
自分で運べるなら運んでしまうほうが
やはりコストは安くなります。

 

自分で引っ越しをやろうと思えば出来るのに業者を利用する、
このケースが金銭的には損をするケースだと言えます。

 

どちらにしても楽なのは業者に依頼する方法です。

 

また、どのくらいの距離を引越すのかによっても
自然と業者が必要となってくることがあるので、
しっかりと距離や荷物から判断しましょう。

たった30分ほどで日程や業者がすべて決まる

ズバットは220社もの引っ越し業者を
比較できる超便利サイト。
とにかく他のサイトに比べて入力項目が少ない。
1分くらいで終わります。

 

 

ズバット引越し比較

 

 

 

お暇なときにまた来て下さいね!